建設業許可を神戸,西宮,尼崎で専門行政書士がフルサポート!

050-3704-0034

営業日 年中無休
営業時間 9:00~22:00

お問い合わせバナー

専任技術者とはどんな人がなれるのかモヤモヤ解消

専任技術者とはどんな人?

専任技術者とは、請負契約の適正な契約や工事の履行を

技術面から確保するために、営業所に常勤して専らその業務に

従事する者をいう。

 

建設業許可を受けるには

建設業許可を受けるには、許可を受けようとする建設工事に関して

一定の資格又は一定期間の経験を有する技術者を営業所ごとに置く

必要があります。

 

注意点

資格要件を満たすと、同一営業所内で2業種以上の建設業の専任技術者になること、

経営業務管理責任者と兼ねることもできますが、他の営業所の専任技術者と兼ねる

ことはできません。

経営業務管理責任者とは?

営業取引上対外的に責任を有する地位で、建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有し、

その経験が許可を受けようとする建設業で5年以上(許可を受けようとする建設業以外の場合は6年以上)

ある人をいう。

※平成29年6月30日施行の経営業務管理責任者の要件緩和に伴い、

許可を受けようとする建設業以外の場合について、7年から6年に期間が短縮されています。

 

専任技術者についての詳細

専任技術者の具体的要件や資格については、こちらからご確認いただけます。

>>>建設業許可の専任技術者について

 

 

お気軽にお問い合わせください