建設業許可を神戸,西宮,尼崎で専門行政書士がフルサポート!

050-3704-0034

営業日 年中無休
営業時間 9:00~22:00

お問い合わせバナー

経営業務管理責任者とはどんな人のこと?

経営業務管理責任者とはどんな人のことですか?

 

経営業務管理責任者とはの定義

営業取引上対外的に責任を有する地位にあり、

建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有し、

その経験が許可を受けようとする建設業で5年以上

許可を受けようとする建設業以外の場合は7年以上

ある人のことをいう。

 

具体的にみると

具体的には、法人の役員、個人事業主、

支配人(支配人登記されている場合に限る)

令第3条の使用人を指す。

 

建設業許可を取得するためには

建設業許可を取得するためには、

上記の経営業務管理責任者の資格要件を満たすものが

最低1人は必要となります。

 

要件改正について

平成29年6月30日施行の要件改正の中に、

最初の定義の中にある、

許可を受けようとする建設業以外の場合は7年以上、この点について

許可を受けようとする建設業以外の場合は6年以上、

このように期間の短縮が実施されるようです。

 

このことで何が変わるのか?

専任技術者について国家資格などを持っている場合、

複数の建設業の業種について、

まとめて申請することができる場合があります。

しかし、経営業務管理責任者との関係で6年程度しか

経営経験を証明できなかった場合に、

いったん1業種の申請で我慢しなければならない場合がありました。

この点、1年短縮されたことで多くの業種をまとめて申請できる

建設業者さんが増えることが想定されます。

 

関連記事

>>>他社の取締役の人が経営業務管理責任者になれるのか?

>>>建設業許可申請の超ポイントの経営業務管理責任者(経管)とは?

 

お気軽にお問い合わせください