建設業許可を神戸,西宮,尼崎で専門行政書士がフルサポート!

050-3704-0034

営業日 年中無休
営業時間 9:00~22:00

お問い合わせバナー

公共工事受注のメリットについて

公共工事を受注するメリットってなに?

 

公共工事には民間工事にないメリットが存在する。

その分、公共工事を受注するまでに多くの手続きが発生することも認識しておかなければならない。

手続き等の手間や時間がかかることと、メリットの面の双方を考慮して、

公共工事にトライするのか検討してみるとよい。

 

公共工事を受注する一般的に考えれるメリットとは?

1

大規模な工事に携われる

2

不況時にも安定した発注量が存在する

3

工事代金が現金で支払われる

4

ケースによっては前受金がある

5

公共工事の実績が金融機関や民間施主の信用へと繋がる

6

受注のための接待交際費が不要

 

これらを熟慮したうえで、安定経営への足掛かりになればという考え方もできる。

民間施主への信頼性の向上や公共工事を下請けで受注しているところから、

元請として受注することが実現できれば新たなステージが現れるかもしれない。

 

関連記事

>>>小規模建設業者さんの公共工事の受注について

 

お気軽にお問い合わせください